Oval - kmk

from by Various Artists

/
  • Poster/Print

    "KUMOKO Lives In The Sky" poster printed on high quality 18" x 24" paper. Original art by akikounico, printed in Los Angeles.
    ships out within 3 days

      $8 USD or more 

     

about

OVAL / MARKUS POPP – BIOGRAPHY
Markus Popp’s now legendary early album releases sent shockwaves through the “electronica” landscape in the late 1990’s—introducing a unique, new sound and digital production aesthetic. With an undeniable instinct for the pleasantly irritating, the drastic and the dreamy, Popp pioneered “glitch” and “clicks & cuts”, inspiring and provoking an entire generation of musicians to this day.
After a long hiatus, Oval is back, changing the game all over again with a new, groundbreaking “hyperreal” style and no less than 150+ compelling tracks, spanning two EPs (Oh EP and Oval/Liturgy split EP), two double CDs/DVDs (O and OvalDNA) as well as a brand new, surprise collaboration album (Calidostópia!)—proving him as one of the prolific and influential forces in contemporary electronic music, a true visionary of digital audio and beyond.

PAST ACHIEVEMENTS
The distinctive, organic appeal of Popp’s 1990s tracks, remixes and albums are regarded as watershed moments for the genre: timeless, haunting classics, earning him critical acclaim all over the world and an occasional media/art award here and there.
Popp has continuously refined his instantly recognizable, signature style in numerous musical collaborations, most notably with the long-running projects MICROSTORIA (duo with Mouse On Mars’ Jan St. Werner) and SO (with Japanese songwriter extraordinaire Eriko Toyoda). Popp has also worked for/with: Björk, Ryuichi Sakamoto, Apparat, Tortoise, Mouse on Mars, Warren Suicide, Squarepusher, Jim O’Rourke, Pizzicato 5, Gastr Del Sol etc.
Newer additions to Popp’s portfolio are audio for film, installation art, dance and interactive media. He designed his own music software (Ovalprocess, his interactive audio installation platform, won Prix Ars Electronica), contributed a secret bonus stage to Tetsuya Mitsuguchi’s visionary video game REZ (Sega/Sony) as well as original sound track work for contemporary dance pieces and for several art house movies and TV commercials (Armani, Comme Des Garcons, Prada, Harmony Korine, Amberley Productions and Masako Tanaka).
Over the course of many lectures, workshops and presentations, Popp has shared his creative vision with topics ranging from today’s digital audio workflow and open source to interactive design and video games.

A NEW OVAL SOUND—HE ONLY CHANGED EVERYTHING
In 2010, the Oh EP and the subsequent Double-CD O (both on Chicago-based Thrill Jockey Records) opened an exciting new chapter in Popp’s ongoing critical dialog with music. This striking, 101-track extravaganza was a radical departure: as before, Oval was challenging music-as-we-know-it, but now things were happening on music’s own turf.
Out of nowhere, Popp debuted as a studio producer of unexpected versatility beyond the electronic music arena. O—which received a honorary mention by the Prix Ars Electronica 2011—is a wild ride: exploring a wide spectrum from delicate, sophisticated pop vignettes to brutally torn, electro-acoustic riffing full of angular, colliding guitar work accompanied by “free”, yet ultra-precise acoustic “live” drumming.
This new, post-2010 Oval sound is a celebration of the next level of skill and sensibility in contemporary music: handcrafted polyrhythmic phrases, riffs and structures, bristling with tiny resonances and detail—adding up to fluid, timeless tunes that are effortlessly traversing rhythms, scales and harmonies while always remaining compact and catchy. And despite its picturesque, accessible “songwriter 2.0” trappings, O is by no means a revisionist, kitschy “love letter to music”.
OvalDNA (2012), Popp’s 35-track, opus magnum-esque, two-disc (CD + DVD-ROM) multimedia release is taking things to the next level: OvalDNA is part rarities-compilation (featuring previously unreleased and hard-to-find tracks from 1993–2010), part open source manifesto (the DVD-ROM contains a sound file library of 2000+ original source clips)—plus Oval’s “lost” 2007 album, a professional video documentary, music videos, liner notes,
ten bonus tracks and a new piece of music productivity software. OvalDNA has instantly received very favorable reviews worldwide, has been proclaimed “best new reissue” by Pitchfork.com and has won the prestigious 2013 QWARTZ-Award.
Popp’s newest work Calidostópia!, supported by Goethe Institutes and cultural foundation of the state of Bahia, is the result of a 10-day, blind-date-esque studio session with
seven young, talented singers from all over South America and was recorded in Salvador De Bahia/Brazil. Rapid prototyping + unlimited enthusiasm + working in three shifts = metamelomusical supermerger. Popp came to Brazil with tons of released as well as unreleased material—and returned home with dozens of all-new, beautiful songs. Best of all, Calidostópia! is a free, legal download from www.markuspopp.me.
In an age of fiddling with frequencies, Markus Popp keeps on reinventing music—merging uncompromising high tech with compelling musicality: distinctly doing his own thing, yet always enthusiastically dealing with the “now”.


オヴァル / マーカス・ポップ – プロフィール

90年代後半にリリースされたオヴァルことマーカス・ポップの初期の伝説的アルバムは、エレクトロニカ・シーンに衝撃を与え、電子音楽に対する斬新でユニークなデジタル・プロダクションの方向性を提示した。快楽的なサウンドとノイズ、ドラスティックでありながらもドリーミーな音を絶妙に組み合わせた彼の音楽は、「グリッチ」や「クリックス・アンド・カッツ」スタイルのエレクトロニック・ミュージックのパイオニア的な存在であり、今の世代にもインスピレーションと刺激を与え続けている。
長期の活動休止期間を終え、オヴァルは新たな”ハイパーリアル”サウンドで再び音楽シーンに変革をもたらしている。2枚のEP (「Oh」EPと「Oval/Liturgy」スプリットEP)、2枚のダブルCD/DVD(「O」と「OvalDNA」)を含む150曲もの新曲を発表し、サプライズ・コラボレーション・アルバム「Calidostópia!」をリリースした。エレクトロニック・ミュージックとデジタル・オーディオの世界で、彼ほど多作で影響力のあるアーティストはいないと言えるだろう。
マーカス・ポップの90年代の楽曲、リミックス、アルバムは当時のエレクトロニック・ミュージックのターニング・ポイントを象徴する作品として認知されており、彼のタイムレスな作品は世界中で絶賛され、数々のメディア/アート賞も受賞している。
彼は数々のアーティストとコラボレーションをしながら独自のスタイルに磨きをかけてきた。マウス・オン・マーズのヤン・セント・ヴェルナーとのミクロストリア、日本人ソングライターであるエリコ・トヨダとのSOを継続しながら、彼はビョーク、坂本龍一、アパラット、トータス、マウス・オン・マーズ、ウォーレン・スイサイド、スクエアプッシャー、ジム・オルーク、ピチカート・ファイヴ、ガスター・デル・ソルなどともコラボレーションをしてきた。
彼は映画、インスタレーション・アート、ダンス、インターアクティブ・メディアにも頻繁に楽曲を提供してきたことで知られている。彼は自身の音楽ソフトウェアをデザインし(彼のインターアクティブ・オーディオ・インスタレーション・ソフトウェアであるOvalprocessはPrix Ars Electronica賞を受賞)、水口哲也の想像力に富んだビデオ・ゲーム「REZ」(Sega/Sony)にシークレット・ボーナス・ステージを提供し、コンテンポラリー・ダンス、アートハウス・フィルム、テレビCM(アルマーニ、コムデギャルソン、プラダ、ハーモニー・コリン、アンバーリー・プロダクションズ、マサコ・タナカ)にも楽曲を提供。
レクチャー、ワークショップ、プレゼンテーションも頻繁に行っている彼は、自身のクリエイティブ・プロセスや、現代デジタル・オーディオ・ワークフロー、オープンソース、インターアクティブ・デザイン、ビデオ・ゲームなどのトピックについて講演をしている。

「全てを覆した新しいオヴァル・サウンド」
2010年に、シカゴを拠点に活動するスリル・ジョッキー・レーベルからリリースされた「Oh 」EPと「O」のダブルCDは、マーカス・ポップのキャリアにおける新しいチャプターの幕開けとなった。この両作品に収録された101曲は、これまでのオヴァルの方向性と全く違ったが、彼は音楽そのものに挑戦を突きつけたのかもしれない。
どこからともなく、彼はエレクトロニック・ミュージックの境界線を超えた多才なプロデューサーとしての手腕を見せつけた。Prix Ars Electronica 2011でも絶賛された「O」は、繊細でソフィスティケートされたポップス、破壊されたエレクトロ・アコースティック・リフ、鋭利なギター・サウンドを自由でありながらも緻密なドラミングと融合させた。
2010年以降のオヴァル・サウンドは、コンテンポラリー・ミュージックにおける新次元の表現となった。ポリリズムのフレーズやリフが細かいディテールと共鳴し合い、タイムレスな楽曲を構成している。幅広いリズム、スケール、ハーモニーを横断する流麗でタイムレスな楽曲は、コンパクトでありキャッチーである。心地よくポップな「O」は決して「音楽へのラブレター」と言ったキッチュな内容ではない。
35曲入りの超大作となった2枚組(CD + DVD-ROM)の「OvalDNA」(2012)は、ネクスト・レベルのマルチメディア作品となった。「OvalDNA」は、レアな楽曲のコンピレーションでありながら(1993-2000年の未発表曲やレア音源を収録)、オープンソース・マニフェストでもある(DVD-Romには2000以上のオリジナル・サウンドクリップが含まれている)。また、2007年の失われたオヴァルのアルバムや、ビデオ・ドキュメンタリー、ミュージック・ビデオ、ライナー・ノーツ、10曲ものボーナス・トラック、そして新しい音楽制作ソフトも含まれている。「OvalDNA」は世界中のメディアで絶賛され、Pitchfork.comで「best new reissue」賞を受賞し、2013年に名誉あるQWARTZ-Awardを受賞した。
ドイツのゲーテ・インスティテュートとブラジルのバイーア州文化財団のサポートによって制作された最新作の「Calidostópia!」で、マーカス・ポップは10日間に及ぶレコーディングをサルバドール・ダ・バイーアのスタジオで南米各地から集まった10人の才能豊かなシンガーと行った。マーカス・ポップはブラジルに大量の既に発表された音源と未発表音源を持ち込み、大量の美しい新曲を持ってドイツに戻った。嬉しいことに、「Calidostópia!」は無料でwww.markuspopp.me.からダウンロードすることができる。
今もマーカス・ポップは音楽の定義を覆し続け、高度なハイテク技術と魅力的な音楽性を組み合わせている。そして自分らしい表現を貫きながらも、常に今の時代と向き合っている。

credits

from KUMOKO, released January 17, 2016
Written and Produced by Markus Popp

license

all rights reserved

tags

about

Kumoko Los Angeles, California

KUMOKO was born in the clouds over the sky of Hawai'i on January 17, 2011. KUMOKO is a spirit child and artist of the sky. She spontaneously creates art using clouds, and paints the sky in vibrant colors.
Kumoko was created by Akiko & Hashim Bharoocha.

2011年1月17日、『KUMOKO』はハワイの雲の上で産声を上げました。『KUMOKO』は天空の子であり、空のクリエイター。毎日たくさんの雲の作品を自由自在に作ったり、大空を鮮やかに彩っています。『KUMOKO』は、アキコ&ハシム・バルーチャがクリエイトしたキャラクター。
... more

contact / help

Contact Kumoko

Streaming and
Download help

If you like KUMOKO, you may also like: